先生

水分をなるべく摂ってみる

あまり水を飲まない習慣

サプリメント

母はガンの手術をした病院に1、2ヶ月に1回と定期的に通っています。その時には毎回血液検査をし、その結果が出るのを待って医師の診察を受けます。診察自体は10分程度ですが、血液検査の結果が30分ほどかかります。血液検査では様々な項目がありますがある日、「血液がきれいに流れていない」と言われたこともあります。いわゆる血液サラサラな状態ではないということでした。入院中は食事の量、摂取した水分の量、トイレの回数なども記録されます。その時に看護師さんに驚かれることがありました。母の水分量が極端に少ないことです。女性でも1L摂取される方もいらっしゃるなか、母はなんと250ml以下です。かなり少ないほうだということです。

サプリメント摂取からも

指摘されてみると、家に居る時もあまり水を飲んでないことに気づきました。まず、人と違うのは食事の直後にお茶を一切飲まないことです。食事に付いているお味噌汁は飲みます。真夏でしたら、水を飲むこともあります。真夏以外の季節でしたら、汗もあまりかかないので水分も取りません。担当医師は母が水分を摂らないことを知っているので、血液サラサラのためにはもう少し飲んでみたらと言いました。水を飲むだけでも血液サラサラになるんですね。そう教えてもらうまで知りませんでした。ほかにも血液サラサラになるための食材もあるようです。水をこまめに摂るようにしたり、食べ物でも意識して摂ることでなんとかなりそうです。血液サラサラのためのサプリメントも積極的に使ってもらいたいです。

健康と血液の状態

男性

血中のコレステロール値が高いことで血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となるとされている。血液サラサラにすることで、これらを解消し健康維持に繋げることができる。血液サラサラにするものとして、DHAやEPA、お茶などが注目されている。

詳細を確認する...

高齢化社会が進む中

先生

平均寿命が伸びている日本では、健康寿命を伸ばすことが重要になっています。この健康寿命を伸ばすのに欠かせないのが、全身に流れる血液を血液サラサラにすることです。血液をサラサラにすることで、病気の予防にもつながるのです。手軽に摂取できるサプリメントがあるので、忙しい人や食が細い人にもおすすめです。

詳細を確認する...

どろどろ血液を避けるには

先生

中性脂肪や悪玉コレステロールなどで血液がどろどろの状態だと、高血圧症や心筋梗塞、または脳梗塞といった病気を引き起こしやすくなります。そのために食生活を改善して、血液サラサラの状態を心がけたいものです。また、食生活のみならず、適度な運動やお酒を飲みすぎない、あるいはストレスを軽減することも大事です。

詳細を確認する...